• 事故 手続き

事故時の面倒な手続きは?

自動車保険は万が一の交通事故などの際に、力を発揮してくれます。
では、実際に事故を起こしてしまったときはどのような手続きを行えばいいのでしょうか。
自動車事故を起こしてしまったという場合、まずはその事故によって負傷者がいる場合や家屋などに被害を負わせた場合は、まずは状況をしっかり確認して、負傷者がいればその救護に当たることが大切です。
そして、所轄の警察に届け出た上で、加入している自動車保険会社へ連絡します。
まずは現場で必要な処置を行うこと、これが非常に大切です。
一連の処置を行った後、加入している自動車保険会社へ事故を起こした旨を伝えます。
その事項としては、事故が発生した日時やその場所、どの程度の事故だったのかなどを通報した上で、その後、保険会社より送付される書面に詳細を記入した上で提出します。
その際に記入することは事故の発生日時やどのようにして事故が起こったか、そして事故現場の住所といった事故の状況、そして被害者の住所や氏名、さらに治療を受けるために病院へ移動した際はその住所や連絡先などがあります。
その際、被害者から損害賠償を請求されている場合は、その旨も合わせて連絡します。
自動車保険の中で示談交渉サービスも含めて契約している場合は、事故の現場で示談交渉を行わず、そのサービスを利用して、プロに示談交渉を任せるようにしましょう。
記入の際に分からないことがあれば保険会社からアドバイスを受けることも出来ます。
対人補償の場合は事故発生から60日以内に送付しなければ、補償が受けられないことを頭に入れておきましょう。
しかし、自動車事故は自分自身が被害者になるケースもあります。
例えば、車を停止させていたら、後ろから車が突っ込んできた…などのように、自分自身が被害者になる可能性も十分にあるのです。
その際は、加害者である運転者の住所、氏名、車両の登録番号の他に、自賠責保険や自動車保険の保険会社名や契約者、保険番号などを調べましょう。
次にその場で当事者だけで示談交渉を行うのではなく、警察に届出を行うことが大切です。
もし、怪我を負った場合は病院を受診した際の医師の診断書や領収書もしっかり保管しておきましょう。
その上で、加入している自動車保険会社に連絡を入れます。
自分自身が被害者となった場合、加害者となった場合とでは対応の仕方は異なりますが、事故を起こした場合は焦りはあるものの、まずは落ち着いて速やかに対応を行うようにしましょう。

このページの先頭へ