• 自動車保険 等級

自動車保険の等級とは

任意保険の自動車保険を安く抑えるポイントの1つに事故を起こさないことというのが挙げられます。
つまり、事故を起こさない優良ドライバーほど保険料が安くなるのです。
その仕組みが自動車保険の等級別料率制度と呼ばれるものです。
これは、等級を20段階に設定し、上級にいけばいくほど保険料が安くなる仕組みです。
まず自動車保険加入の初年は6等級からスタートします。
もし、加入から1年間で事故を起こさなかったら、等級が1ランク上がり7等級となり、これにより保険料の割引率が若干上がります。
つまり、加入から無事故を繰り返せば、加入当初よりも格段に保険料割引率が高まっていき、保険料を安く抑えることができるのです。
一方、事故を起こしてしまった場合は当然、ペナルティーが発生します。
事故の種類や等級をプロテクトする特約を結んでいるかなどの諸条件はありますが、一度の事故で保険を利用すれば等級が3ランク下がってしまうため、保険料割引率が低くなるために保険料は高くなってしまいます。
等級の最大であるランク20と最小であるランク1とでは、たとえ同じ条件の保険であったとしても保険料に何倍もの差が生じてしまいます。
保険料を安く抑えるには多くの保険会社の見積もりを比較検討することも大切ですが、何よりも安全運転に心がけ、無事故を続けることが大きなポイントなのです。

このページの先頭へ