• 自動車保険 種類

自動車保険の種類

一言で自動車保険といっても、その保険の種類には多くの種類があります。
まず自動車保険を大きく2つに分類するのであれば、自動車を購入する際に必ず加入しなければならない自賠責保険と呼ばれる強制保険と、個人の希望によって加入することが出来る任意保険があります。
まず、自賠責保険は自動車を購入する際には法律で必ず加入することが義務付けられている保険です。
自賠責保険に加入していなければ、車検を通過することも出来ません。
しかし、自賠責保険はあくまでも対人賠償保険であるということ。
つまり、被害者の死亡や後遺障害、さらには怪我などの傷害のようなケースにしか補償されないということです。
自分自身の自動車が破損したとか、自分自身が怪我をした、さらには他人の車を壊してしまった…などといった自損事故や対物に関する賠償がないのです。
そこで自賠責保険だけではカバーしきれない部分をカバーしてくれる任意保険と呼ばれる自動車保険があります。
その自動車保険にも多くの種類が存在します。
まず、対人賠償保険と呼ばれる保険で、交通事故により被害者が生じた場合に補償してもらえる保険で、自賠責保険では間に合わなかった部分に関しての保険金が支払われる仕組みです。
自賠責保障では、被害者の死亡では最大3000万円、後遺障害の場合はその程度によって最大4000万が補償されますが、補償額がそれらを上回ってしまった場合に、対人賠償保険に加入していれば、保険金が支払われるのです。
次に対物賠償保険があります。
これは交通事故によって、他人の車や家屋といった財産物に被害を与えてしまい、損害賠償を支払わなければならなくなった場合に保険金が下ります。
3番目に搭乗者傷害保険というものがあります。
これは交通事故の際に自分自身が運転していた車の助手席などに同乗していた人と運転手が死亡や障害を負った場合に保険金が支払われます。
4番目に車両保険があります。
これは車両、つまり所有している自動車そのものにかける保険です。
例えば、車が盗難されたとき、または単独事故で大きな傷を付けてしまったり、当て逃げなどで、自分の車が被害にあった場合に支払われる保険です。
5番目に自損事故保険があります。
これは呼んで字の如く、自分自身が起こして知った事故によって死亡、傷害を負った場合に支払われるものです。
6番目に無保険者傷害保険があります。
これは、事故を起こした場合、相手が対人保険に入っていない場合やひき逃げなどで犯人が分からない場合、さらには事故の相手が年齢や家族構成など自動車保険加入の条件に違反していたために、保険金が下りない場合などに補償してくれます。
最後に人身傷害補償保険と呼ばれる保険があります。
これは運転中の交通事故によって、乗っていた人が死亡したり障害を負ってしまった場合に、保険会社側が判断して、損害額の保険金が支払われるというものです。
自動車保険にはこれだけの種類があるのです。自賠責保険だけではまかなえない範囲の補償をしてくれます。
そのため、自分自身にはどんな保険が必要なのかをしっかり検討した上で、自動車保険を選択することが大きなポイントとなるのです。

このページの先頭へ