• 自動車保険 仕組み

自動車保険の仕組み

自動車を購入したときには、それに合わせて自動車保険についても検討しなければなりません。
自動車保険は自動車を購入した際に自賠責保険には必ず加入しなければならないのですが、それだけではいざというときに不安ある場合に任意に加入できる自動車保険の加入も検討する必要があります。
自賠責保険と任意で加入できる自動車保険にはその補償範囲が異なっているのです。
自賠責保険はあくまでも自分自身の運転によって被害を受けた人のみが補償の対象となります。
つまり、自分自身が怪我をした場合や相手の車を壊してしまったケースでは補償金は支払われません。
しかも、自賠責保険の保証金は死亡時に最高3000万円、失明や四肢へ障害を与えてしまった場合はその障害の程度によって最高4000万円が支払われますが、賠償金がこの金額を超えてしまったときは、その超過分は自己負担となってしまいます。
一方で、任意加入できる自動車保険はその補償範囲が格段に広がります。
被害者への補償は自賠責保険に付加する形でより手厚くなります。
また、「車をぶつけてしまった」、「運転していて怪我をしてしまった」といったようなケースでも、自分自身への補償もしてくれます。
また、相手の車や家屋などの財産に被害を与えてしまった場合でも補償金が支払われます。
このように、自賠責保険だけではその補償範囲が限定されているため、いざというときに補償金が支払われないケースも多々あります。
そのため、自賠責保険に付加して、より手厚く、さらに補償範囲を広げるために任意で自動車保険に加入しておくことが大切であり、いざというときの助けになるのです。

このページの先頭へ