• リスク細分化保険 自動車

リスク細分化保険について

自動車保険について、近年ではリスク細分化保険という種類の保険が発売されています。
1997年に自動車保険のリスク細分化が解禁されたことにより、自動車保険は仕組みが大きく変わったといって良いでしょう。
では、リスク細分化保険とは具体的にどのようなものなのでしょうか。
端的に言えば、リスク細分化保険とは自動車保険の場合、運転者の年齢や性別、通勤で利用しているか休日のみに利用しているか、運転歴、車種や地域などリスクを9つの区分に分類した上で、保険利用者がどの条件に該当するかによって保険会社が独自の保険料を設定する保険を言います。
例えば、ベテランで長年無事故のドライバーと、初心者ドライバーや事故歴のあるドライバーでは、もちろん前者の方が事故を起こす可能性は低いといえます。
また、平日も通勤などで自動車を頻繁に使う人と、休日のレジャーや買い物でしか利用しない人では、事故の可能性は後者の方が低くなります。
つまり、事故を起こす可能性が客観的にみて高いか低いかによって、保険料の支払いを変えるシステムになっているのが、リスク細分化保険なのです。
このリスク細分化保険が認められる1997年以前は、どの保険会社を選んでも、保険料はほぼ同じでした。
しかし、リスク細分化保険というカテゴリーが確立されたことで、保険会社ごとに特色を出せるようになり、競争も激化してきました。
つまり、保険会社を選ぶ際は、自分自身が何歳で自動車をどの程度利用していて…などといった条件に応じて、保険料がいくらになるかを見積もってもらい、比較検討することが賢く自動車保険を利用するポイントと言えるのです。

このページの先頭へ