• 年末調整 障害者

年末調整における障害者の自動車保険は?

一年も年末を迎える頃になると、一般企業などにお勤めの場合は年末調整が実施されます。
年末調整では控除の対象として、納税者やその家族の身体や財産、生活必需品に何らかの損害、損傷が出た場合の保障となるものが挙げられます。
例えば、国民年金保険や国民健康保険、損害保険、生命保険がこれに該当します。
そのため、一般的には自動車保険は年末調整の控除対象からは外れてしまうのです。
つまり、自動車は生活必需品とはみなされないのです。
自動車は所有していれば便利だけれども、所有していなくても充分に生活することが出来ると考えられるのです。
しかし、これには例外があります。
それは身体障害者向けの自動車です。
身体が不自由な方にとって、日常生活で移動手段があることが大変重要です。
そのため、身体障害者向けの自動車を所有している場合は、一般の場合とは異なり自動車が生活必需品とみなされます。
つまり、この場合に限り、自動車保険が年末調整の対象と判断されるのです。

このページの先頭へ