• 保険金額 自動車

保険金額はどれくらいかけるの?

自動車保険には対人賠償保険や対物賠償保険などさまざまな保険があります。
その中でも、万が一の事故の場合、最も賠償金額が大きくなるケースが多いのが対人賠償保険です。
自動車事故で誰かを死亡させたり、生涯残る後遺障害を負わせてしまうと、億単位の賠償金を請求される場合もあります。
自賠責保険だけの場合、死亡の場合で3000万円、後遺障害の場合で最大4000万円の保険金が出ますが、一般的には億単位に及ぶケースが多々あるために、自賠責保険だけではまかないきれないのが現状です。
そのため対人賠償保険の場合、「無制限」でかけているケースが大半を占めています。
一方で、対物賠償保険の場合にも「無制限」という設定もありますが、実際には500~1000万円が最も多くなっています。
近年は「無制限」で設定される方も増えていますが、実際に対物賠償で1000万円を超えることはまれとされています。
また、搭乗者傷害保険に関しては1000万円前後の保険金額が無難とされていますが、生命保険や傷害保険に加入しているかどうかでも大きく変わってくるので、事前に確認するといいでしょう。
自動車事故で最も怖いのは死亡事故、もしくは傷害事故のように人に危害を及ぼしてしまうケースです。
この場合は賠償金額も一気に跳ね上がってしまいます。
そのため、対人賠償保険に関しては出来る限り「無制限」でかけておくのがベストといえます。

このページの先頭へ