• 保険契約 ポイント

保険契約前のポイント

自動車保険に加入する際にはどのようなポイントに気を付ければ良いのかを考えてみましょう。
まずは何と言っても、加入しようと考えている保険が自分自身が希望する補償内容を満たすものであるかという点です。
強制保険である自賠責保険では対人補償のみが保険の対象となっています。
そのため自動車保険に加入する場合、自賠責保険では賄いきれない部分を補うことが目的となる方が大半のはずです。
例えば、単独事故で自分自身が負傷したときや事故によって相手の車両を傷つけてしまったというような場合、自賠責保険では補償の対象外となります。
しかし、そういった場合も想定して、補償をしてほしいと考えるならば、自動車保険の中でも対物補償や自損事故補償が盛り込まれた自動車保険に加入すべきでしょう。
つまり万が一の事故に備えて、自分が希望する範囲において損害賠償が支払えるような補償があるかどうかを確認することが大切です。
次に、自動車保険では事故後に保険金が支払われるだけでなく、どんなサポートを行っているか、また示談交渉のサービスを行っているかというのも大切なポイントです。
事故を起こしてしまったのに、保険会社が休みで対応してくれなかった…では、どうしようもありません。
また、事故後の示談交渉もプロの力が絶対に必要です。事故はいつ自分自身に降り掛かってくるかは分かりません。
そのためにも、契約しようとしている保険会社が1年365日、24時間体制でサポートをしてくれるか、また事故後の示談交渉を行ってくれるのかを確認しておくことは非常に重要なのです。
最後に運転者の年齢を確認し、何歳未満は不担保にするという契約が出来ます。
自動車を家族で共有する場合など、1台の自動車を複数人が使用する際に、運転者は何歳未満の人は使わないのであれば、その年齢未満の人が運転した場合、事故を起こしても補償されないというものです。
今の状況で何歳未満の人は絶対に自動車を使用しないという自分自身でラインがあるのなら、その年齢未満を不担保にすることで、保険料を安く押さえることが出来るのです。
保険契約前に、今から契約しようとしている保険、もしくは契約を検討している保険に、自分自身が必要としている補償内容が盛り込まれているか、サービス内容は充実しているか、また無駄なものはないかを再確認することが大切です。

このページの先頭へ