• 保険金 出る

保険金が出るのはどのような時?

自動車事故はいつあなたの身に降り掛かるか分かりません。
自分が被害者にもなれ、加害者にもなれるのが自動車事故であり、それは突然起こりうるものなのです。
そんな万が一の交通事故などの際に保険金はどんなタイミングで支払われるのでしょうか。
自動車事故を起こした場合、その解決策として最も多いのが示談です。
示談は自動車事故の当事者が話し合いを行い、賠償額などを決めた上で示談書を交わします。
示談は素人が突然行おうとしてもとても無理です。自動車保険には示談交渉サービスかついている場合も多いので、保険会社に任せることが大切です。
保険金は示談が成立した時点で支払われます。
このように自動車事故において示談で解決するパターンは全体の9割を越えているのですが、あとの1割程度は示談ではまとまらなかった場合です。
この場合、調停というこてになります。
調停では裁判所の指導を受けながら、調停委員とともに話し合いを行います。
これでもまとまらなければ、実際に弁護士を立てての訴訟ということになるのです。
いずれも過失割合や損害額が決定した時点で保険金が出る仕組みになっています。
損害額は自賠責保険から支払われる保険金をオーバーすることも多々あるために、やはり自賠責保険だけでなく任意の自動車保険に加入しておくことも大変重要なのです。

このページの先頭へ